<< AAS 2001-2003 index << | index | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | >>

液状物質 - 1

1. 概要 − なぜ液体か?


人々に「宇宙」という視点を持ってもらうためには,宇宙を直観的に理解できる 方法を研究することが重要である。これまで,微小重力空間や宇宙環境のすばら しさや新しさは,主として映像や宇宙飛行士のことばで伝えられてきた。宇宙をカタチやモノで表現することができれば,さらに人々の理解を助けることにな る。とく に,宇宙で作られたカタチを地上に持ち帰ることができれば,映像や言葉では伝えることのできない,リアリティのある理解が可能であろう。

さまざまな物質の中でも液体は,微小重力下ではおもに表面張力がその形状を支配するようになるので,地上では見ることのできない振る舞いを示すようにな る。これは宇宙飛行士たちの興味を引くことになり,これまで多くの宇宙飛行士が水などを使ったパフォーマンスを行ってきた。そして,それらの多くは映像で も伝えられた。

ここでは,まず液体の性質とこれまでの液体を使った実験を振り返る。それをもとに,微小重力をより印象づけるであろう実験を考案し,また,それを地上へ持 ち帰る方法について検討する。また,長期滞在が日常化したとき,遊べる「おもちゃ」としての液体の可能性についても考える。




<< AAS 2001-2003 index << | index | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | >>