<< AAS 2001-2003 index << | index | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | >>

居住空間の提案 - 6
(3) “KIBO”オルタナテイブプランに人のアクテイビテイを加え、上下左右の無い空間を CG、MODEL、
     ANIMATION により実証


    FLOATING TABLE ・ SLEEPING SPACE ・ SANITARY を含むCG、MODEL、ANIMATIONの作成

2002年度研究では空間的モデル化をCG(コンピューターグラフィック)化した。 さらなる作業として、2003年度では人を配し、生活シーンをCG化した。

また、模型の作成を行った。さらに視覚的疑似体験を進めるためにアニメーションを作成した。
 → C:動画内容:1参照

各個室やサニタリースペースから人が自由に出入りし、方向性が無い浮遊状態において自らの望む方向性により生活展開が可能なことをしめしている。以上のよ うにKIBO”の居住空間化 のシミュレーションを行うことによって、実際の居住空間の可能性について検証した。


Fig. 32
fig.32   kibo 3D-CG 01
Fig. 33
fig.33   kibo 3D-CG 02
Fig. 33
fig.34   kibo 3D-CG 03
Fig. 35
fig. 35   kibo 3D-CG 04

Fig. 36
fig. 36   kibo 3D-CG 05

Fig. 37-1
fig. 37-1   kibo MODEL 01
Fig. 37-2
fig.37-2   kibo MODEL 02

Fig. 37-3
fig.37-3   kibo MODEL 03
Fig. 37-4
fig.37-4   kibo MODEL 04

Fig. 38
fig.38   kibo MODEL 05

▲ top

<< AAS 2001-2003 index << | index | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | >>